>>> since January 31, 2010
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Stars on Ice 2012

今日は「Stars on Ice 2012」を観に、代々木第一体育館へ。

今年初のアイスショー!
世界のトップスケーターが集まる、何とも贅沢なショーです。
わたしのお目当ては、何と言っても真央ちゃん。
そして、成長著しい羽生君とカナダのジョアニー・ロシェットです。

真央ちゃんの「愛の夢」を期待して行ったのですが、
エキシビジョンのジュピター。ちょっと残念だったけど、
スケートはとても素晴らしかった。うっとり〜。
いつの間にか女性らしくなったわね。
そして、その「愛の夢」で魅せてくれたのが、
チン・パン&ジャン・トンのペア!感動の演技です。
羽生君は日本人離れしたスタイル、溢れ出す若さとエネルギーが眩しい☆
観るたびに上手になってます。楽しみ。

▲公園後、体育館からわんさかでてくる、人、人、人。。


帰りに、柿安・三尺三寸箸で早めの夕飯。
最近、胃袋の限界ギリギリまで食べ物を詰め込む癖がついてしまい、
今日も吐きそうになるまで食べてしまいました。
自分の食欲がコワイ。。。

▲上段中央のハンバーグが美味しくて、しっかりおかわりしました。

愛の夢
真央ちゃん、おめでとう!

素敵な「愛の夢」でした。

なんか・・泣けた。

2勝8敗
全然勝てないじゃないか〜。

5連敗のあと、エジプトと中国に連勝したはいいものの、
その後はアメリカ、ロシア、そして今夜のイタリアには
ストレート負け。とほほ。

明日は最終戦。
相手はブラジル!(勝てないだろうなあ。)

それにしても、イタリアの選手はイケメン率が高い。

NIPPON
やっとです。

バレーボール男子日本代表、やっと1勝しました。
いや〜、こんなに弱くなってしまったとは。。

わたしが家族が呆れるほどバレーボールに夢中になっていた頃、
1992年バルセロナ五輪の前後。かれこれ20年ほど前です。
当時の日本代表のメンバーには
大古誠司監督、植田(現監督)、中垣内(現コーチ)、青山、松田、
南、荻野、河野、泉川、成田、大竹、大浦、栗生沢などがいました。
特に・・青山選手には相当ハマりました。。笑。

なぜあんなに夢中になっていたか、いま思うと不思議ですが、
毎月欠かさずバレーボール雑誌を買い、テレビは食い入るように観て、
金沢で試合があるときは、学校帰りに自転車飛ばして観に行ったり。
当時の全日本も決して強いチームだったわけではありませんが、
中垣内という絶対的なエースがいて、大浦や泉川といった若い選手の
活躍があり、青山や荻野、河野が職人的な仕事をしたりと、
観てて面白かったんですよね〜。

いまの全日本だと、石島や清水がエース、松本あたりがポスト青山、
と言った感じになるんですかねぇ。う〜ん。。

あと残り5戦。頑張って欲しいものです。

▲今夜のデザート『抹茶と小豆の寒天スイーツ by FamiMa』うまい!

Figure Skating DAY
さいたまスーパーアリーナにて。

ちょうど1年ぶりのフィギュアスケートです。
フィギュアスケートが大好きな友人Kさんに誘われて、今日は
13:00〜 Japan Open 2011
19:00〜 Carnival on Ice 2011
という、フィギュアスケート漬けの1日を過ごしました。

▲収容人数は、22,500-37,000人だそうです・・すごい!

【Japan Open 2011】
 日本、欧州、北米の3地域によるプロアマ混合、男女各2名、計4名の
 チームによる団体戦形式(シングルフリー演技)の合計点をチームの
 総合点とする地域対抗戦!
 日本からは、高橋大輔/小塚崇彦/安藤美姫/鈴木明子が出場。
 各選手、今シーズンのフリー演技の初お披露目の場合が多く、観客は
 それを楽しみにしているみたい。

 競技スケートを観るのは初めてでしたが、う〜ん。。あんまり楽しく
 ありませんでした。日本選手もみんなミスが多くて、胸に迫る演技を
 見れなかったのが非常に残念。シーズン初めってこともあるんでしょ
 うかね。今後に期待☆

 今日はロシアの選手が素晴らしかったです。
 特に、ガチンスキー選手とトクタムショア選手の演技はよかったです。
 二人ともまだ十代の若い選手です。2014年のソチオリンピックでは
 間違いなくメダルを獲る選手だろうと思いました。
 日本もウカウカしていられません。

【Carnival on Ice 2011】
 オリンピックや世界選手権などのメダリストをはじめ、世界のトップ
 スケーターによるアイスショー!

 やはりアイスショーは楽しいですね。
 昼のJapan Openがあまりにも不甲斐なかったので、アイスショーは
 すごい期待してましたが、期待どおりの素晴らしいショーでした。

 個人的にいちばん盛り上がったのが、カナダのロシェット選手の演技。
 曲も大好き(何て曲だろう?)だったし、振り付けも艶っぽく。
 日本人にはなかなか出せない雰囲気だと思いました。
 あともうひとり、日本の羽生選手です。躍動感と柔軟さのある演技と
 スケートに対する姿勢?が素晴らしい。
 そして・・言わずもがなですが、荒川静香。
 彼女の演技は、何というか・・毎回涙が出ます。言葉もありません。
 彼女こそが、真のプロスケーターだと思います。

 ということで、感動のさいたまスーパーアリーナでした。

えっ!?
人事部の先輩♀からゴルフのお誘い。

「毎度140くらい叩いちゃいますけどいいんですかね?
 大丈夫であれば、喜んで行きま〜す☆」・・と軽い気持ちでOK返事。

その後、詳細がメールで飛んできた。

 「えっ!? 何だこのメンバーは。。」

O会長、M副社長、T専務、関連会社の社長さん。
ホントにわたしのような下手っぴが、一緒にラウンドしてもよろしいの
でしょうか?つーか、みんな偉い人過ぎだよ。ほぼ面識ないんですけど。

う〜ん、ちょっと練習したほうがいいのかなあ。

沼津国際CC(140)
寝坊。

5:40に武蔵溝ノ口へ友達を迎えにいく約束だったので、
4:00に起きて準備して、5:00には出発しないとなあ・・と思って就寝。
(せめて準備だけでもして寝ればよかったのになあ、といま思う。)

起きたら5:00・・というか、起こされたのが5:00でした。
3:00起きで山登りに出かける友達が心配してかけてきてくれなかったら、
わたしは何時まで寝てたのでしょうか、笑。
幸い道も空いていたのと、友達もちょっと寝坊してくれたので、
待ち合わせの時間にはピッタリ間に合いました。
が、いろいろあってゴルフ場には大遅刻。
いちばん最後の組でまわりました。すんません。

今日のゴルフは、どこぞの会社の××杯とやらに女性メンバーがいない
ってことで、友達から誘われて参加しました。
なので、18人中15名は初対面。
(我が社の××杯には出ないのに、他社のには出る・・みたいな。)

▲よく整備されたキレイなゴルフ場でした。

お天気もよくて、一緒にまわったメンバーも楽しい人たちだったので、
18ホールがアッという間でした。暑かったけど、時折吹く風が涼しくて、
また日陰もひんやり。空も広くて青くてサイコー☆
ゴルフはいつもどおりな感じだったのですが、今日はドライバーがよくて
気分がよかったわ〜。

夏のゴルフも悪くない。

>>> score 140 : 70 + 70

続きを読む >>
練習
来週のラウンドに備え、すっごーく久しぶりに打ちっぱなしへ。

三連休の中日ってこともあるのか、練習場は空いてます。
稲城は暑いですが、風があってまあまあ快適です。

クラブを握るのは、5月のGW以来2ヶ月以上ぶりです。
当然まともに当たるわけもなく・・ひどい有り様です。。
ま、別にいっか。(練習になってない、笑。)
100球ほど打って、早々に退散。

▲日陰は涼しい。

運動のあとは糖分補給。
ミスドでこ〜んな可愛いドーナツを発見!

▲抹茶色の熊、可愛い♪(食べられませんわ。)

そして夜。
近くの温泉で韓国式アカスリを。
なぜか韓国人のおばちゃんと仲良くなり、いろいろとサービスしてもらう。
ラッキー☆

今夜はよく眠れそう。
zzzzz.....

金沢セントラルCC(135)

父親との初めてのラウンド。

朝からとても良いお天気で、長袖は暑い。でも半袖では焼けてしまう。
ということで、長袖で我慢ガマン。暑くない、暑くなんてないわ!

今日は平日ではあるもののゴールデンウィークということもあり、
なかなかの混雑具合。
しかも若者グループが多くて、ビックリするくらいマナーが悪い。
一緒にまわった父も父の友人も、ご立腹のご様子。。

で、スコアはと言うと・・何とベストスコア更新!
いつもは悪いパターの調子が良く、少しスコアが小さくなりました。
アプローチは相変わらずダメで、父からもダメ出し多発。。
ちゃんと練習しないといけないですねぇ・・と前回も思ったな。

アプローチの練習って、地味で楽しくないんだよなあ。


>>> score 135 : 73 + 62

地図はキライだ。
何しに行ったんだか。

朝6時半に起きて高尾山へ。
高尾山から陣馬山への縦走の予定が、途中で連れとはぐれてしまい、
方向音痴のわたしが「おっ、近道発見!」と思って入った横道は・・
実は下山コースでありんした。(ワオ)

途中「やたらと下るなあ。」と思ってはいたものの、
下ってると思いきや、途中から恐ろしい急坂という展開もあるので、
さほど気にしてはいなかったんです。。。
気付いたときには既に半分ほど下山していて、(気付くの遅過ぎるだろ)
さすがに引き返す気にはならず、そのまま下山。
電車で帰ったのでありんす。

山歩きは好きなんですが、どうも山の地図を見るのが苦手で
きっとわたしが見た地図も、ちゃんと見れば絶対に近道だとは書いて
なかったんだろうなあ。
道路地図は読めるようになってきたけど、やっぱ全般的に地図はキライだ。

精神的に疲れたでありんした。