>>> since January 31, 2010
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< HAIRSPRAY | main | no title >>
ただ、君を愛してる


これ、わたしが泣きたいときに観る映画。
もう何度も観ていますが、毎回絶対に泣けます。しかも号泣。

2006年に公開された、いわゆる純愛映画・・ですかね。(照)
わたしはDVD化されてから存在を知りました。
原作は『いま、会いにゆきます』の作者である市川拓司さんです。

人と接することが苦手な青年・誠人(玉木宏)と、病を抱えながらも彼を
一途に想うちょっと変わった少女・静流(宮崎あおい)との、と〜っても
切ないラブストーリー。残念ながらハッピーエンドじゃないってところも、
泣いちゃうポイントですね。

静流の真っ直ぐな気持ちと素直さ、心の強さと優しさがとても眩しく、
日々自分を少しずつごまかしながら生きている自分が恥ずかしくなって
しまいます。

映画の終盤に流れる Once Upon A Time In America がヤバイです。

劇中、静流が言った言葉。
ハッとさせられます。

『好きな人が好きな人を、好きになりたかっただけ。』

『別れはいつだって、思いよりも先に来る。』

と、これだけ読んでも意味分かんないですね。(笑)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kumilog.jugem.jp/trackback/592
TRACKBACK