>>> since January 31, 2010
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 金木犀 | main | no title >>
Figure Skating DAY
さいたまスーパーアリーナにて。

ちょうど1年ぶりのフィギュアスケートです。
フィギュアスケートが大好きな友人Kさんに誘われて、今日は
13:00〜 Japan Open 2011
19:00〜 Carnival on Ice 2011
という、フィギュアスケート漬けの1日を過ごしました。

▲収容人数は、22,500-37,000人だそうです・・すごい!

【Japan Open 2011】
 日本、欧州、北米の3地域によるプロアマ混合、男女各2名、計4名の
 チームによる団体戦形式(シングルフリー演技)の合計点をチームの
 総合点とする地域対抗戦!
 日本からは、高橋大輔/小塚崇彦/安藤美姫/鈴木明子が出場。
 各選手、今シーズンのフリー演技の初お披露目の場合が多く、観客は
 それを楽しみにしているみたい。

 競技スケートを観るのは初めてでしたが、う〜ん。。あんまり楽しく
 ありませんでした。日本選手もみんなミスが多くて、胸に迫る演技を
 見れなかったのが非常に残念。シーズン初めってこともあるんでしょ
 うかね。今後に期待☆

 今日はロシアの選手が素晴らしかったです。
 特に、ガチンスキー選手とトクタムショア選手の演技はよかったです。
 二人ともまだ十代の若い選手です。2014年のソチオリンピックでは
 間違いなくメダルを獲る選手だろうと思いました。
 日本もウカウカしていられません。

【Carnival on Ice 2011】
 オリンピックや世界選手権などのメダリストをはじめ、世界のトップ
 スケーターによるアイスショー!

 やはりアイスショーは楽しいですね。
 昼のJapan Openがあまりにも不甲斐なかったので、アイスショーは
 すごい期待してましたが、期待どおりの素晴らしいショーでした。

 個人的にいちばん盛り上がったのが、カナダのロシェット選手の演技。
 曲も大好き(何て曲だろう?)だったし、振り付けも艶っぽく。
 日本人にはなかなか出せない雰囲気だと思いました。
 あともうひとり、日本の羽生選手です。躍動感と柔軟さのある演技と
 スケートに対する姿勢?が素晴らしい。
 そして・・言わずもがなですが、荒川静香。
 彼女の演技は、何というか・・毎回涙が出ます。言葉もありません。
 彼女こそが、真のプロスケーターだと思います。

 ということで、感動のさいたまスーパーアリーナでした。

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK