>>> since January 31, 2010
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Saturday Night Fever | main | 遠藤周作「海と毒薬」 >>
大本山増上寺
と、言うことで行ってきました。
戦後初の一般公開と聞いたら、やっぱり行っておかないと!

三解脱門とは、三毒煩悩から解脱するという意味で、
むさぼり(貪欲:とんよく)
いかり(瞋二:しんに)
おろかさ(愚癡:ぐち)
の三つの毒から離れ、極楽浄土に入る心を作るための門だそうです。
慶長16年(1611年)、徳川幕府の助成により建設され、、
元和8年(1622年)に再建されました。389年も前の建造物です!

今回はこの門の2階内部(楼上)が一般公開されています。
拝観料500円を支払って、なかへ入ります。
スチール製の梯子みたいな階段をあがっていくんですが、
急なうえにグラグラでむちゃくちゃ怖かった。。

門に中に入ると、たくさんの尊像が並んでいます。
こんなところに、何百年もずーっと座って時代の移り変わりを
見てきたんだなあ・・と、遠い昔に思いを馳せました。

▲やっぱり東京タワーよね☆(@増上寺裏手より撮影)

また、増上寺には「徳川将軍家霊廟」があり、
二代将軍秀忠公をはじめとして6人の将軍、同御台所崇源院(江)、
皇女和宮さまら5人の正室、三代家光公側室をはじめ5人の側室などが
埋葬されています。
大河ドラマ人気もあって、観光客でごった返しです。
これじゃあ、ゆっくり眠れないだろうねぇ。。

近いうちに、日光東照宮にも行きたいな。


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK