>>> since January 31, 2010
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Surprise!! | main | 大人ネイル >>
Betty L. Harragan「Games mother never taught you」

今月6日にあったWin-K Forum、日本IBM 鷺谷万里さんが講演で
オススメしていた本を読んでみました。

原書は1977年、日本では1993年に翻訳初版が発売されました。
その後しばらく絶版になってましたが、2009年に再発行されています。

この本は、「ビジネスとはゲームである」と定義し、
「子ども時代に親しんできたゲームは男女で大きく異なる。
 それが後にビジネス社会の中での振舞いの差につながっていく。」
という前提で、女性が企業社会で生き抜くコツを伝えています。
                  〜 文庫本前書きより抜粋 〜

女性の社会進出(表現が古い?)が進んだとは言え、会社はまだまだ
男性社会。そのなかで、女性がどのように働けばいいのか。
そんなことが書かれています。
もう35年前の内容ですが、残念なことにいまの日本に当てはまることも
多いと思います。
glass ceiling とか glass wall とか、やっぱまだあるんだろうなあ。

以下、ワタシ的目からウロコ。(一部抜粋)

組織の中では、権威に向かって口答えすることなく、
従順に行動しなくてはならない。
軍隊においては士官の命令や権威に逆らうことは罰則の
対象となります。
ビジネスの社会においては明確な「罰則」はありませんが、
「命令の鎖」の秩序を無視することは、ある役職が持っている
権威と重要性を否定することを意味します。

この本は是非男性にも読んでもらいたい。
んで、感想を聞きたいなあ。

スポンサーサイト
無理!
チョイ悪 | 2012/03/21 16:17
to チョイ悪

やっぱり「命令の鎖」には従えませんか。
チョイ悪さんは鎖をぶっちぎりながら邁進して頂きたい!
kumi | 2012/03/21 20:51
COMMENT









Trackback URL
http://kumilog.jugem.jp/trackback/852
TRACKBACK